前へ
次へ

不用品を買取してもらってスッキリしよう

昨年末から、なかなか使う機会の無くなった、いわゆる「不用品」を、リサイクルショップに持ち込んでは、買取ってもらっています。
自分にとってのそれは、殆どが以前に使っていた釣り具でした。
釣りは自分にとって最高の趣味であり、一時は釣り具量販店で働いていましたから、おそらく持っている釣りのアイテムは、人並み以上だった事でしょう。
が、釣り具店を辞めて以降は、釣行機会も当り前ですが激減していました。
一方で、新たに購入する必要性も余りなかったので、手持ちの釣り具は、どんどん時代遅れの中古品になっていきました。
そこで、できれば新しいアイテムを揃えたいと云う動機で、少しでもその資金に当てたくて、「買取サービス」を、頻繁に利用する様になりました。
最初は、釣り具専門のリサイクルショップが多かったのですが、ある時、同じメーカーのルアーを、一般のリサイクルショップに持ち込んだところ、意外な高値がついたので、味をしめてしまい、気が付いたら、おおよその過去の釣り具は一掃でき、倉庫が随分とスッキリしました。

東京で安心してバイクのガラスコーティングを依頼できる業者はこちら
これまでの豊富な施工経験により、車両に合わせた美しい施工ができます。

ウォーターサーバーのお試しキャンペーン開催中

【30分即日修理】三宮/神戸/明石でiPhone修理ならiPLaNT

遺品整理 大阪
遺品整理はプロにお任せ!暮らしを支えるエコループなら、電話1本ですぐ駆け付け!いつでもお気軽にご依頼可能です。

今でも好んで使って居る一部の道具以外は、あらかた売却し手元に残ったお金は、結局、「まあ、そんなものか」くらいで、最新モデルの購入には残念ながら手が届きません。
でも、スッキリ感は予想以上で、いかに自分が不用品を持っていたかに改めて気付かされました。
また、リサイクルショップで意外な掘り出し物が安く売っていると思わず購入してしまいました。
要するに他の人の不用品が、自分にとっては必要な商品として手軽な価格で購入できたと云う事です。
こうして誰かの物が私の物に、私の物が誰かの物に巡り巡っていくんだと感じた時に、こうした不用品の買取サービスがリユースの気持ちを繋いでいるのだろうなって、とっても嬉しい気分になったのです。
物が有り余っている時代だからこそ、こうしたビジネスやサービスも拡大しているのでしょうが、物を大切に使うという気持ちも付加価値として販売しているのだなって感じました。
自分が、最新の釣り具に出会うのはまだ先になってしまうでしょうが、誰かが大切にして居たこの「物」を、自分も大切に使っていきたいですね。

Page Top